アプラスは会社に電話連絡なしでお金借りれる?在籍確認ある?

アプラスは会社に電話連絡なしでお金借りれる?在籍確認ある?

 

アプラスでのキャッシングですが、原則としては会社への電話はあると思っておいたほうが良いでしょう。

 

ごく例外的に、その会社に勤務していることを客観的に示せる書類、例えば社員証などの提示で済ませることが認められたという話もあるようですが、それが通例だとは思わないほうが良いということです。

 

このような書類提示で済ませることができないかを相談する価値はあるかもしれませんが、逆にマイナスになる可能性もありますから注意しなければなりません。

 

そもそも、在籍確認が原則として必要とされる理由は、アプラスに申し込んだ人が、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているかどうかを把握することがアプラスとして重要だと考えているからに他なりません。

 

これは、より突き詰めて言えば、貸したお金を確実に返してもらえるかというのが間違いなくそこに勤務しているかにかかっているからということができるでしょう。

 

もしかすると、申込書に記載した勤務先は以前のもので、今は失業中で収入が無い人かもしれません。

 

あるいは、そもそも自分が勤務したことなど一切無い会社であるとか、さらに酷い場合には全くの架空の会社名が申込書に書かれているかもしれないのです。

 

こんな場合、貸したお金がきちんと返ってくると思えるでしょうか。まず思えないでしょう。

 

ですから、勤務先の確認は重視されているのです。
では、答えとして在籍確認はあります、ということで良ければそれで何の問題もないのですが、おそらくこれでは質問した人は十分には納得しないでしょう。

 

在籍確認があることは分かったが、どのように行われるのか不安だという意見が次に出てくるはずです。

 

これはもっともな意見ですが、基本的に在籍確認は恐れるようなものではありません。

 

まず、この電話は、書面での審査を全て完了させた上で、最後になって行われるものだからです。

 

アプラスとしても、電話はそれなりに手間ひまのかかることですから、あまり脈のない顧客に関して在籍確認の電話をすることは避けたいと思っており、他の全ての審査が終了し、最後にこれだけが残っているという段階になってようやく在籍確認が行われるのです。

 

これは、言い換えれば、在籍確認の電話があったということは、もう残っている審査項目はそれだけで、これさえクリアすれば晴れて審査に通過できるということでもあります。

 

つまり、非常に喜ばしい状態なのです。逆に、アプラスに申し込んだのにいつまでたっても在籍確認の電話がないということは、既に書類審査の段階であえなく落とされた可能性が高いということでもあります。

 

これを踏まえれば、在籍確認とは決して恐れるようなものでも何でもなく、よくかかって来てくれました、待ってましたとでも言うべきものなのです。

 

躍り上がって喜ぶほどのものではないかもしれませんが、秘かにガッツポーズくらいはしても良いということです。

 

そして、電話がかかってきたという事実だけでなく、電話で確認される内容についてもまた恐れるようなものではありません。

 

まず、在籍確認で確認される内容は、あくまでも本人がその会社に勤めているかどうかだけに絞られるということを理解しましょう。

 

この観点で言えば、かかってきた電話に本人が出れば確認は終わったも同然です。

 

会社にかけた電話に出た人がその会社に勤務していない人だということは普通あり得ないでしょう。

 

何を話すかなどとは無関係に、その会社の人であることは明らかです。

 

ですから、確認は終わったも同然であり、現住所とか生年月日などの簡単な本人確認の質問はあるかもしれませんが、それだけで電話は終わることでしょう。

 

若干気になることがあるとすれば、本人が電話に出られないケースです。

 

なお、最初にかかってきた電話をとったのが同僚などであっても、本人が電話に出ることができる状態なのであれば何の問題もなく、かかってきた電話を本人が取ったケースとほぼ何の変わりもありません。

 

ですが、いろいろな理由で本人が電話に出られないこともあるでしょう。

 

例えば会議中で手が離せないとか、外回りの仕事に出ている最中であるなどが考えられます。あるいは、その日はたまたま休暇を取っているということもあるでしょう。

 

こういう場合に在籍確認がどのように行われるかですが、これも、さして心配するようなものではありません。

 

とにかく、本人がその会社に間違いなく勤めている人物だということが分かればよいのです。そのためにはどのようなやり取りであれば良いか、ちょっとしたパズルとして考えてみてください。

 

例えば、電話に出た人が、本人はただいま会議中で手が離せませんとか、本人はただいま外勤に出ておりますというように答えたとすればどうなるでしょうか。

 

ごく当たり前の電話のやり取りですが、実は在籍確認はこれで終わっています。

 

その会社に勤めていない人について、電話に出た同僚や上司がこのような返答をすることはありえないことはすぐに分かるでしょう。つまり、この程度のものだということであり、恐れるようなことは何もないのです。