プロミスキャッシングは低金利でお金借りれる?無金利カードローンはどうしたらいい

 

・金利 4.5−17.8%
・利用額 1万円ー最高キャッシング額500万
・30日間無利息 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方

 

プロミス

 

プロミスレディースキャッシング女性に評判

 

 

プロミスキャッシングは低金利でお金借りれる?無金利カードローンはどうしたらいい

 

プロミスキャッシングは、他の消費者金融と比べても低金利に優遇されていることがあります。プロミスキャッシングは審査結果により最大で500万円まで借り入れすることができます。金利は年4.5%〜17.8%までとなり、利息は日数で割って1日ごとに付けられます。下限金利を見る限りでは、他の消費者金融の方が3%台の所もありますので、そんなに低いようには見えないでしょう。

 

しかし、消費者金融が属する貸金業の場合は、借入金額が税引き前の年収3分の1までしか借りられないという規定がありますので、初回の借入金額は最小限に抑えられるケースも見られます。借入金額の高さに応じて、貸付金利が低く優遇され、抑えられる傾向にありますので、上限金利が適用されることが非常に多いです。上限金利は17.8%ですので、他の消費者金融では18%台であることが多く、金利が低い傾向にある銀行などでも、しばしば上限金利が17%台の所が見られますので、消費者金融の中では、比較的低金利になるでしょう。

 

また、下限金利も4.5%ではありますが、最大の借入額の500万円に近い額を借りた場合に適用されます。他の消費者金融では、最大の借入額が800万円に上ることもあり、いくら下限金利が3%台でも満額に近い額を借りたケースでなくては適用されないでしょう。同じ500万円程度で比較するなら、プロミスキャッシングの方がだいぶ金利が低いことになります。

 

プロミスキャッシングの場合は、初めての申し込みに限り、無利息期間のサービスが付けられます。それ以外の条件としては、メールアドレスを登録し、紙の明細を発行せずにWeb明細を利用できることです。サイト上から明細を確認できるので、家族にもキャッシングのことがばれにくいメリットもあります。無利息になるのは、初回の借入の翌日から30日間になります。借入日は含まれませんので、注意しましょう。

 

必要最低限だけキャッシングして、規定の日までに返済できれば、元金のみで済みますし、初回の借入の翌日から30日以内に追加借入した場合は、再度の利用分も無利息の対象になります。いったん完済した場合も、同様に適用されますので、およそ1ヶ月程度で返せるのであれば、非常にお得なキャッシングと言えるでしょう。ただし、いったん解約して再度の申し込みの場合は、無利息期間の対象から外れますので注意しましょう。

 

もし、通常のキャッシングよりも低金利に借入をしたいのなら、プロミスの目的別ローンを利用するといいでしょう。融資限度額は300万円までと低めですが、金利が6.3%〜16.5%となり、プロミスキャッシングよりも低金利に抑えられます。通常のキャッシングのように限度額の範囲内で自由に何度も借入をするローンではなく、最初に審査結果によって設定された限度額を満額借りて、毎月決まった返済額を支払っていきます。

 

追加の借入はできませんが、計画的に返済できますので、無駄遣いが少なくなります。まとまった金額が必要で、ある程度使い道が決まっている場合には、金利が低めの目的別ローンの方が利用しやすいと思われます。

 

 

プロミス在籍確認が不安な場合、オペレーターに相談できる?職場に電話がない

以前と比べると、勤務スタイルが大きく変化してきており、フリーアドレスを採用している会社や在宅勤務が可能な会社も増えてきています。

 

また、会社にホームページなどにも電話番号を載せない企業が多くなり、代表電話を置いている会社も少なくなりました。さらには、社員に会社の携帯電話やスマートフォンを持たせる企業も多くなり、以前のように簡単に勤務先に電話連絡することで在籍確認するのが難しくなってきています。

 

また、これらの問題と共に、相変わらずカードローンの審査時の在籍確認のための勤務先への電話連絡をいやある人が多いという問題もあります。やはり、勤務先に借金の件で電話がかかってくるのは嫌だという人が多いのです。

 

もちろん、カードローン業者のほうでも最大の配慮を行っており、勤務先への電話の際には会社名は名乗らずに個人名で電話するところがほとんどです。しかし、それでも拒否する人も多く、カードローン申込を躊躇する最大の要因ともなっています。

 

プロミスキャッシングの場合には、原則として、申込時の審査の際には在籍確認のための電話連絡を行っています。しかし、これを拒否したい人や電話連絡がとれない場合には、事前にプロミスに電話してオペレーターに相談するか、申込時にかかってくる確認の電話の際に担当者に在籍確認の電話連絡について相談することができます。ケースバイケースですが、事前に相談することで電話連絡無しで契約できる場合もあります。

 

つまり、プロミスとしては、勤務先に電話連絡することが目的ということではなく、在籍確認が取れれば問題はないわけです。他の方法で在籍確認が取れれば、何も勤務先まで電話連絡する必要もないのです。

 

相談することで、オペレーターや担当者のほうから、在籍確認の方法について提案されますので、それに対応することが可能な場合には電話連絡を無しで済ますことができます。通常は、健康保険証、社員照明証、直近の給与明細書などの提出を求められることが多いようです。若干面倒ではありますが、勤務先に電話がない場合等には非常に助かります。実は、プロミスと同じ三井住友銀行グループの消費者金融業者が、業界初の在籍確認の電話無しのサービスを提供したところ、新規契約者が増えたという実績がありますので、同業他社に比べるとプロミスはこの問題にもたいへん柔軟に対応しています。

 

どちらにせよ、電話連絡に代わる在籍確認の方法が必要となりますので、その時になってあわてて書類を集めるよりも事前に用意しておいたほうがよいでしょう。その為には、事前にプロミスのフリーダイヤルに連絡しておオペレーターに相談してみるのが最善の方法となります。当然ですが、親身になって相談にのってくれますので、なるべく希望に添えるようにしてくれます。

 

プロミスの場合には、ホームページ上で新規申し込みに対する契約率なども公表していますが、他社よりも高い数字となっていますので、少しでも多くの申込者に利用してもらおうという姿勢は十分に感じられます。

 

プロミスカードローンで無利息ローンを受けるための注意点 即日融資可能?

 

 

プロミスは大手消費者金融として様々な顧客向けのサービスを展開しており、キャッシング利用者も多いカードローンです。そんなプロミスの特徴のひとつに無利息ローンがあります。最大30日間、利息是ゼロで利用できるもので、短期の利用・返済を計画している人に向いてます。プロミス以外でも無利息ローンを提供している消費者金融もあるのですが、利用する際に気をつけたい点があります。その一つが利用条件です。

 

無利息ローンは申し込んだ人の誰もが受けられるものではありません。無利息ローンを提供している、どのカードローンでも条件が付いています。プロミスでは初めて利用する人を対象とし、メールアドレスを登録し、Web明細の利用を条件にしています。これはプロミスの条件であり、他の会社では異なる条件が設定されているので注意が必要です。たとえば、同じ初めての方を対象とするものでも、返済条件を35日サイクルで指定している会社もあります。無利息ローンを利用する前に、どのような条件が付いているのか、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

 

その他、無利息の適用日にも注意が必要です。プロミスでは出金日の翌日から利息が掛からない仕組みになっていますが、なかには契約日を無利息の適用日としている会社もあるので、この点もチェックしておきたいところです。無利息ローンは30日間を最大に、それ以降は契約でついた金利が適用されますが、プロミスの場合はポイントを貯めることによって、再度利用することができます。それは、プロミスポイントサービスと呼ばれるもので、初回登録時に100ポイントつき、インターネット上の会員サービスの「プロミスからのお知らせ」を確認したり、会員ページにログインするだけでもポイントが付く仕組みです。250ポイント貯まれば7日間の無利息サービスが付き、400ポイントでは15日間、700ポイントになると30日間となります。

 

また、プロミスは即日融資にも対応しています。特にWeb完結の利用が便利で、申し込みから借り入れまでのすべてをインターネット上で行うことができます。Web完結で必要な書類は自動契約機や店舗と変わらず、基本的には本人確認書類だけで手続き可能です。ただし、申込内容によっては収入証明書が必要となります。収入証明書が必要となる人は50万円を超える借入を希望している場合と、他社に借り入れがあり、今回の借入希望額との合計が100万円を超える人です。もし、これらに該当する場合は収入証明書をあらかじめ用意しておくと良いでしょう。審査で有効な収入証明書は最新の源泉徴収票と確定申告書、あるいは直近2カ月の給与明細書と1年分の賞与明細書ですが、賞与がない場合は直近の2カ月分の給与明細書だけの提出も可能です。

 

プロミスのWeb完結のメリットは即日融資に対応するキャッシングできるまでの早さもありますが、郵送物の送付がないことも大きな特徴です。他社のカードローンではインターネットからの申し込み・手続きであっても、契約書類は自宅など指定先の住所に送付されることが多く、家族などに知られるリスクもあります。その点で、プロミスのWeb完結は手続きの一切をインターネット上で済ませることができるため、他人にバレるリスクは少ないのもメリットです。また、カードローンの審査では在籍確認も気になるところですが、プロミスでは保険証や給与明細書など在籍を証明できる書類があれば、勤務先への連絡はなしとすることがあります。

 

銀行カードローンは審査に時間が掛かることが多く、キャッシングできるまで1〜2週間先になることもあります。これは、反社会的勢力への貸付を制限するためで、警察庁のデータベースを通してチェックすることが求められているためです。一方の消費者金融には、そうしたデータベースを介した確認作業はありません。プロミスも同様です。ゆえに融資までの時間が早く、申込時間次第では即日融資にも対応できる訳です。

 

プロミスに限らずカードローンの多くはインターネットからの申し込みが可能ですが、即日融資で気をつけておきたいのが申込時間と審査時間は一致しないことです。Web完結もメンテナンス時間を除いては、24時間申し込むことができますが、審査時間はプロミスの営業時間帯となります。夜間に申し込んだ場合は翌日の審査となるため注意が必要です。また、パソコンやスマートフォン・店舗・自動契約機など申し込みができる窓口が豊富なことも特徴です。

 

無利息ローン・即日融資ともに会社ごとの条件を確認しておくことが大切です。それぞれの条件はプロミスの公式ホームページでも紹介されています。そうした条件とともに、本人確認書類や収入証明書など必要な書類を揃えておけば、申し込みから審査・キャッシングまでスムーズに手続きできるはずです。大手の消費者金融ならではのメリットやシステムがプロミスにはあり、急にお金が必要となった人にも対応しています。