アイフルキャッシングは低金利? 無利息カードローンはどうしたらいい

 

 

 

アイフルも勤務先在籍確認なしでお金をかりれる消費者金融です。

 

他社消費者金融で融資否決になった場合でも、アイフルで借りれたという方も多く、

 

アイフルの審査に申し込む価値はあります。

 

借り換えローンで従来の消費者金融からの借金を返済して金利を下げたりと、

 

柔軟性のある金融機関です。

 

・アイフル金利4.5%−18.0%
最低1000円から借り入れ可能で、限度額500万まで融資可能
・即日融資可能
・最短30分で審査完了
・来店不要で融資完了
・派遣社員、パートアルバイトもキャッシング可能です 
※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
・担保不要 連帯保証人不要
・総量規制対象内なので、年収1/3までが上限

 

 

 

アイフルキャッシングは低金利? 無利息カードローンはどうしたらいい

アイフルキャッシングは4.5%〜18.0%の低金利で融資しています。

 

10年くらい前のキャッシングを知っている方からすれば、驚くべき低金利と言えるでしょう。

 

ただ現在のキャッシングとして考えると、一般的な消費者金融レベルとなっています。

 

高金利ではありませんが、低金利とも言えない数値でしょう。

 

 

 

アイフルキャッシングの魅力は、30日間利息0円サービスを用意していることです。

 

30日間は1円も利息が発生しないので、借入金だけ返せばよいのです。

 

そのため最初のキャッシングがアイフルという方は多く、その後も継続利用している方が目立ちます。

 

1,000円から借入できるATM・CDもあるので、無理な借入をしなくてすむのも魅力でしょう。

 

無利息カードローンの無利息期間は有限であり、期限を過ぎると1日目としてカウントされます。

 

アイフルキャッシングの場合だと、30日間の借入だと利息ゼロですが、31日借りると1日分の利息を支払うことになります。

 

 

 

金利の部分はアイフル側が決定するため、利用者が決めることはできません。

 

 

実質年率4.5%で貸してほしいと交渉しても、その通りになることはないのです。

 

金利を引き下げてもらうことに期待するより、自主的に利息を減らしていく対策をしたほうが効果的です。

 

利息は借り方によって増減できるので、借入を抑えつつ短期返済をするとよいでしょう。

 

それによって総支払い利息を抑えて、総支払い額の圧縮につながります。

 

 

 

お金を借りると利息が発生しますが、借り方によって大きく変わってきます。

 

アイフルキャッシングの金利は日数で発生するので、短期返済をすれば少なくできるのです。

 

長期返済プランを立てると利息が膨らんでしまうので、短期返済できる範囲で借りるのが賢い方法と言えます。

 

1,000円から借入できるキャッシングは非常にめずらしく、大抵は1万円からの融資となっています。

 

500万円まで融資可能なことを考えると1万円は小さな金額に思えるでしょうが、借りる1万円と返す1万円では別物です。

 

間違いなく返すほうが大変なので、楽に返済することを考慮して金額を設定していきましょう。

 

 

 

 

無利息期間が用意されていることは大きなメリットですが、そこに依存してはいけません。

 

無利息はいつか終わりますし、その後は通常金利での借入となります。

 

アイフルキャッシングは5年、10年というように長期利用する方が多いので、借入期間が長期化することを考慮して利息節約を意識してください。
金利、無利息期間はアイフルが決定する部分ですが、借り方は自分で決めることができます。

 

利息を抑えるためには、必要なときに最低限の金額だけ借りることが大切なのです。

 

高額を借入してしまうほど返済が大変になり、完済まで長期化して利息・総支払い額が大きくなります。

 

賢くアイフルキャッシングを利用するためにも、借入する前にシミュレーションを徹底しておきましょう。

 

無理のない返済計画を立てて借りれば、キャッシングほど便利なローンはありません。

 

 

 

アイフル在籍確認が不安な場合、オペレーターに相談できる?派遣なので勤務先に電話がない

 

金融機関でキャッシング申し込みをした時には、基本的に在籍確認が必要になります。

 

アイフルは貸金業に分類されるので、貸金業法を守らなくてはいけません。貸金業法の決まりでは、他の借入と合算した利用限度額が収入の3分の1までにしなくてはいけないため、確実に収入のある方でないと貸付をすることは難しいです。よって、勤務先に指定した企業で実際に働いていることを確認するために在籍確認は必須となるでしょう。

 

アイフルキャッシングの場合も例外ではなく、返済能力の有無を確かめる意味で在籍確認が必要となります。アイフルキャッシングの申し込みをしてすぐに、勤務先に電話連絡をするのではなく、アイフル側から申し込み希望者宛ての電話に連絡があります。借入の意思を確認と利用目的を聞かれ、勤務先に在籍確認をして良いか尋ねられます。その時に在籍確認のことで打ち合わせができます。

 

自分が通話口に出られる時間に連絡をして欲しい場合は、電話連絡する時間を打ち合わせることができますし、社内の人が出払っていて誰も電話に出られない時間がある場合は配慮してもらえる場合があります。もし、心配であれば、電話がかかってくる前に、所定の窓口に電話をしてオペレーターに相談することも可能です。

 

アイフルキャッシングの場合、在籍確認はほんの2分程度で終了します。番号を非通知で、オペレーターの個人名でかけられますし、借入の用件は本人以外には伝えませんのでばれることはありません。

 

本人が出られた場合は、名前とキャッシング申し込みの確認だけで終わります。不在の場合は、社内の人が席を外しているとか、外出中であるとか話をすれば、確実に在籍していることが分かるので、それ以上職場に電話をかけることはありません。会社の方には、クレジットカードを申し込んだので、在籍確認があると前もって伝えておけば、キャッシングの申し込みとは分かることはないでしょう。

 

しかし、派遣社員の方は勤務先に電話がないこともありますし、社員全員が営業などで出払っている会社や非通知の電話や個人宛ての電話を取り次がない会社の場合は、在籍確認が難しい場合があります。

 

アイフルキャッシング申し込みをした際に、オペレーターに相談することも可能です。信用情報が良好な方であれば、社名入りの健康保険証や給与明細、源泉徴収票を提出することで、確実に勤務先にいると判明し、在籍確認の代わりとしてもらえることがあります。

 

派遣社員の方は、派遣先に電話をすることは少なく、雇用関係にある派遣元の会社に在籍確認をするのが慣例です。派遣元の場合、派遣社員が多くて把握仕切れないため、派遣元の相談窓口に在籍確認があることを伝えて、アイフルからの在籍確認に対応するように依頼をすることも可能です。

 

しかし、企業によっては、どちらの会社から電話があるかということも伝えなくてはいけないので、アイフルの企業名を出すとキャッシング利用がばれると不安になるでしょう。派遣社員の場合も、健康保険証や給与明細、源泉徴収票の提出で認められることがありますので、アイフルキャッシングを申し込む際に相談することを勧めます。

 

アイフルカードローンで無利息ローンを受けるための注意点 即日融資可能?

 

アイフルのような消費者金融では、無利息でお金を借りることができるサービスが存在します。しかし、実際に利用するときには利息の期間や審査内容に関していくつか注意をしなくてはならない点もあります。便利に利用することができるメリットは確かにありますが、誰であっても利用できるというわけではありません。特に、アイフルは他の消費者金融ではなく大手の消費者金融であるため、他の会社と比較してもサービスの質が高い傾向があります。

 

その分、真性にやってくる人物の適性をきちんと判断していますので注意が必要なわけです。もちろん、審査に通ると即日融資も可能であるため、安心して利用することができます。アイフルで無利息のサービスを使うときには、契約の翌日から30日間において利息を発生させないサービスを提供しています。この期間内には利息が適用されないため、期間内に返済することができれば、実質的に0円で利息を借りることができます。ただしアイフルを以前に利用した人には非金利期間は適用されず、アイフルを初めて利用する人は資格がありますのでこの点に注意が必要です。もっと具体的に述べると、真性を個なって契約書に署名すると同時に自動的に適用されるため、実際に借りていない場合でも無利息期間は徐々に進行していきます。要するに、契約日から10日後にお金を借りれば、20日間の無利息期間しかないことになるわけです。つまり金利0円サービスを利用したい場合には、契約した日にすぐにお金を借りなくてはいけません。期間以外の期間に利息は発生しませんが、元本の返済は当然必要です。

 

アイフルのATMならいつでも無料でサービスを利用できるので、手数料などの料金を支払わなくても返済することができます。無利息期間を利用する場合、これらの点も重要です。借り方に関しては一つではなく、色々な借り方があるからです。アイフルはネットからの申請も受け付けてありますし、店舗を設置してそこから相談をすることも可能になっています。無利息のサービスは基本的に初めてアイフルを利用する人に対して提供されているものであるため、使い勝手がわからない場合にはきちんと相談をしなくてはいけません。ネットからの相談だと分かりやすいですが、それ以外にもフリーダイヤルなどで受付を行っていますのでタイミングを見計らって相談することが大切です。また、アイフルはそれ以外の申請条件としても20歳から69歳までの安定した収入と返済能力を持つ者と定義しています。これは、無利息機関のサービスだけではなくすべてのキャッシングのサービスに共通していることですので覚えておくことです。

 

実際に、無利息のローンを利用したいと考えていても一般的な審査条件に合致していない人に対してお金を貸すことはできません。例えば、収入が安定していないというのは借りられないケースの典型的な例です。それ以外にも安定した収入が年金のみになると、審査に合格することは困難です。キャッシングを利用するには、安定した収入だけでなく返済能力も重要であるため毎月定額で働いて給与を稼ぐ人は、審査を通りやすくなります。毎月の給料が不安定であることや、勤続年数がわずか数ヶ月であることを信頼することは消費者金融にとっても困難になるからです。さらに、単純な事ですが過去の延滞および債務整理記録などが信用情報に残っているケースでは、審査に落とされる可能性があります。特に、少額融資のキャッシングの審査に関しては総額規制を超えて借りようとすることは認められていません。これは、利用者は年収の3分の1を超えて借りるべきではないとしている規則のことで、これを破ることは認められていないのです。例えば、アイフル以外の会社からすでにお金を借り入れていて、新しい申請書をアイフルに申請したい場合に借りようとしている金額の合計が年収の3分の1を超える場合、融資の申請許可は却下されます。現実的に考えても、すぐに年収を上げることは難しいので、借りたい金額を減らす方向に対策を進めることが大切になります。このように、アイフルからカードローンを無利息で行うとはいっても、キャッシングを行うときの最低限のルールは守らなくてはいけません。利息が0になるということは借りたお金が0になるということではないため、元本の返済義務はきちんと残っています。その義務をきちんと果たすことができるのかどうかを審査することになりますので、最低限の返済能力と収入は必須条件になります。ただ、こうした条件を突破するだけの価値のあるサービスとも言えます。利息が0になるということは実質的な返済の負担がほとんどないことを意味しますので、余計なお金を返済する必要性があります。利息0の間に金銭を返済すれば実質的な負担分を無くすことができるため、非常に使い勝手の良いサービスであると判断できます。